ペニス増大サプリの次は包茎治療【手術や術後の基礎知識】
有名増大サプリ5種から本当に効果があるものを見極める!比較で選らんだら巨根化・セックスレス解消に成功

ペニス増大サプリの次は包茎治療【手術や術後の基礎知識】

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリを服用している人が次のステップとして知っておくと役に立つのが包茎治療に関する知識です。包茎治療には施術を受ける人の陰部の状態によって、さまざまな方法があり、自分に合ったタイプの施術を受けることで、安全に手術をすることができます。

包茎治療を行っているのは病院の泌尿器科や、専門のクリニックなどですが、行う施術の内容によっても手術の終了までにかかる時間は異なっています。ペニス増大サプリを服用して包茎治療を考えている人も、治療の内容を詳しく知っておくことで、自分に合ったタイプの施術を見つけることができます。

包茎治療の基礎的な知識

包茎治療の方法として多くの病院やクリニックで行われているのが包茎手術です。その中でも比較的症状が軽い人に対して行われているのが、背面切開術です。症状が重い人に対して行われているのが環状切除術で、どちらも陰茎を覆っている包皮の不要な部分を切除する手術です。

包茎治療は短時間で行うことができる手術で、体力のある成人の男性ならば、病院に入院しなくても日帰りで手術が受けられます。体力に自信のない男性ならば、安全を考慮して2、3日入院しながら治療を受けることもできます。

子供でも包茎治療を行うことができますが、子供が施術を受ける場合には、安全のため術後の経過を見ながら、退院を決める方法がよくとられています。

包茎治療を行った後には、患部はできるだけ安静な状態にしているのが最適で、負担の少ない状態を保っておくことで手術からの回復を早めることができます。

包茎治療が行われる場合には、手術の前にまず麻酔を行いますが、成人男性の場合には局部麻酔だけで施術を行う方法が一般的です。そのために、手術中でも意識がある状態なので、手術の進行をリアルタイムで感じたまま、施術が最後まで終了するまで待つことになります。

軽度の治療に行われる背面切開術

軽度の包茎治療の方法として一般的に行われているのが背面切開術です。ペニス増大サプリを服用している人も、施術の具体的な内容を知っておけば役に立ちます。

この方法で施術を行う場合には、まず切り取る必要がある不要な部分の包皮を決める必要がありますが、他の方法よりも切り取る部分が決めやすいのがこの方式の特徴です。施術では医療用の鋏を使用して余分な包皮を切除していきますが、鋏は陰茎の先端の尿道口の部分から順番に切り開きます。包皮の背中側の部分から腹側の部分を鋏を使って丁寧に切り開いていき、切り口が縦の方向にのびるようにまっすぐ鋏を入れていきます。背側と腹側の切り開いた包皮は、鉗子という医療用具を使用して、横の方法にのばします。右と左へ左右対称に広がった状態の余分な包皮を、左右の長さのバランスを確認しながら、無駄な部分を切除していきます。この時、自然な状態で包皮を切除できるように、陰茎の断面に沿うような方向で包皮を輪状に切除していくのが、施術のポイントです。

不要な部分の包皮の切除が完了すると、包皮の内側と外側の部分が、陰茎の先端と根元の部分にそれぞれ残った状態になるので、必要な部分を縫合していきます。縫合に使われる糸は一般的に体内で自然に溶けるタイプのものが使用されるので、術後に改めて抜歯する必要はありません。

重度の包茎治療に行われる環状切除術

ペニス増大サプリを服用している人の中でも、重度の包茎治療の人が受けることができるのが環状切除術です。

この方法ではまず、包皮の先端の部分を鉗子を使い固定した状態にして牽引をします、包皮に覆われている陰茎の先端部分は可能なかぎり後ろの方へ移動させるようにします。この状態に固定した後に、直コッヘル鉗子という医療用具を2本使用して、不要な部分の包皮を挟みこみます。この2本の直コッヘル鉗子に挟みこまれた部分を切断することで、不要な包皮を取り除きます。

この方法には複数のバリエーションがあり、包皮の先端に糸をかけてから皮膚ペンも利用しながら外板を切り開いていく方法もあります。この方法では、その後陰茎の先端部分にも糸をかけて牽引した状態で、包皮の内側部分を切除していきます。

環状切除術に興味があるペニス増大サプリを服用している人は、この方法で包皮の切除をする場合、どこまで切除すれば全体のバランスが良くなるかを知っておくことも有益です。環状切除術では背側の包皮を短めに切除し、腹側の包皮は多めに残しておくことが、全体のバランスを良くするポイントです。技術の優れた医師に手術をしてもらうことで、最適な長さで切除してもらえます。

包茎の種類に合わせた選択

ペニスの問題としてよく挙げられるのは包茎で、個人によっていくつかの種類に分けられます。常に皮が全体を覆っている真性や、覆う対照が亀頭の大部分であったり露出はできる仮性などが代表的です。中には無理に剥くといった行為で、亀頭部分で戻せなくなる場合もあります。物理的な問題なので、ペニス増大サプリなど内側からのアプローチでの改善はまず不可能です。

そして包茎治療では、その種類によって選択肢が絞られます。全てに共通しているのはメスを入れることで、周囲の長さを変えたり覆っている皮を切除する内容となります。症状がそこまで大きくない場合は、糸で固定して剥けた状態を維持することも可能です。

さらに切除する場合は、どの部分にするかも重要なポイントになってきます。ペニスは性行為の際などで感度が求められ、刺激をより強く受けられる部分は先端付近に集まっています。そのため可能であれば切除する量を減らしたり、根元部分を対象にするのが望ましいです。

ペニス増大サプリの目的に近い包茎治療

包茎治療はそもそもペニスの皮にアプローチするものなので、ペニス増大サプリの目的とはあまり接点がありません。目的も含めて全く別の対処方法だと考えて問題ないでしょう。

しかし間接的な包茎治療として挙げられる、亀頭増大術だと無関係ではなくなります。亀頭にヒアルロン酸などを注入して物理的にサイズを大きくするという内容で、結果的に皮が被ることができなくなるほどの大きさになることもあり、結果的に包茎治療の意味合いも持ちます。その場合包茎治療は副産物としての恩恵になります。

その包茎治療の側面も持つ亀頭増大の場合はほぼ例外なく、ペニス増大サプリよりも大きな効果になります。何しろ物理的にサイズを大きくすることができるからです。ペニス増大サプリで期待できる効果はあくまでも食品の範囲内での体質サポートで、勃起などに繋がる一酸化窒素の血中濃度増加や、血流を促進をペニスまで届けるといったものです。

まとめ

ペニスの小ささと包茎の両方の問題を抱えている人は少なくないでしょう。そしてペニス増大サプリと包茎治療の接点は少ないので、もちろんどちらも選択して問題ありません。

ただペニス増大サプリが手軽に始めて簡単に止められるのに対して、メスを入れる包茎治療は基本的に元に戻すことができません。したがって治療を受ける場合は慎重かつ冷静になって、将来的なことも含めて満足できる仕上がりにしてくれる医師に依頼する必要があります。

包茎手術は1日で終わる

手術による包茎治療は、ペニス増大サプリと違い1日で完了するという短期決戦の方法です。包茎治療手術は、ほとんどの場合カウンセリングも含めて1日で終了します。もっと言ってしまえば1日も必要ありません。手術の時間は1〜2時間程度で終わる場合がほとんどで、入院も必要ありませんし、その日のうちに自宅に帰ることができます。ペニス増大サプリのように、長期間サプリメントを飲み続けなくてもいいので、短気な人には向いている方法と言えるかもしれません。

包茎治療のより具体的な受け方は、まず電話などでクリニックに予約をしておきます。そして、予約日にクリニックまで出向き、まずは医師などからカウンセリングを受けて、どのように治療するかの方針を決めます。治療方針を決めたらすぐに手術という運びになる場合が多いです。

ちなみに、カウンセリングをネットなどで受けて、治療は後日というような順番になることもあります。とにかく、クリニックに通わなければならないので、ペニス増大サプリよりも面倒なのは間違いありません。

手術後の痛みに耐えるのが大変

手術による包茎治療は、ペニス増大サプリと違いすぐに包茎を改善できるというメリットがありますが、かなり痛い思いをしなければならないというデメリットがあります。

包茎治療手術を実際に行う最中は局所麻酔が効いていますから、痛くもかゆくもありませんが、問題は麻酔が切れたあとでしょう。麻酔は数時間で効果が切れるので、そのあと患部がズキズキと痛んできます。この痛みはけっこうきつくて、1週間くらいは我慢しないといけません。ペニス増大サプリではこのような痛みを我慢する必要はないので、痛いのが嫌いという人はペニス増大サプリの方が向いているかもしれません。

包茎治療手術の傷が完全に癒えるのは、だいたい2〜3週間くらいかかると言われています。その間は自慰行為や性行為も禁止ということなので、手術を受けた人は性欲との戦いに打ち克たなければならないというデメリットもあります。ペニス増大サプリならもちろんこのデメリットもありません。

まとめ

包茎治療手術は即効性がある包茎改善法といえますが、長期間痛みを我慢しなければいけなかったり、性欲も我慢しなければいけなかったりと、けっこう苦しいものでもあります。これらのものを我慢できる自信がある人は包茎治療手術を選択してもいいでしょう。

しかし、もっと楽でソフトに時間をかけてじっくりと改善していきたいという人は、ペニス増大サプリの方が向いているかもしれません。ペニス増大サプリなら、大きな負担がかかることはないので楽です。

包茎治療は即効性が期待できる

男性は下半身に悩みを抱えている人が多く存在しますが、その悩みを解消する方法としては包茎治療やペニス増大サプリがあげられます。

これらの違いとしては、ペニス増大サプリの場合は増大を目的としているサプリメントであること、包茎治療は包茎の症状を治すものということがあげられます。包茎治療をすることで、増大効果も期待できますので、即効性を得るのであればやはりペニス増大サプリよりも包茎治療ということになります。

ペニス増大サプリには増大に役立つ成分が実に豊富に含まれていますが、すぐに変化が得られるわけではありませんので根気よく続けていく必要があります。包茎治療は泌尿器科や男性専門クリニックなどの医療機関で行われるものですが、ペニス増大サプリは医療機関に足を運ぶ手間がなく、通信販売などで手軽に入手できます。包茎治療をした場合は術後のケアが必要になりますが、ペニス増大サプリの場合はそうしたケアも必要ありません。

包茎治療後の注意点を知る

包茎手術はデリケートな部分の治療になりますので、不安を感じている人もあるのではないでしょうか。治療中は麻酔が効いていますので、手術中に痛みを感じる心配はまずありません。そして、日帰りで行えますので入院の必要もなく、休憩後は帰宅することができます。

良い結果を得るためには術後のケアをきちんとすることが大事です。注意点としては、術後当日からシャワーを浴びることはできますが、患部を濡らさないようにすることが大切です。入浴は術後2週間ぐらいになってから許可されることが多いので、勝手な判断で入らないようにします。術後しばらくは激しい運動は避けること、仕事には原則的に制限はありませんが、患部に負担がかかるような作業は避けるようにします。アルコールの制限もありますので、お酒が好きな人も我慢するようにしましょう。性行為についても、しばらく控えることになりますので、いつから再開できるのかは医師に確認しておきましょう。

まとめ

包茎の悩みをすぐに解消するのであれば包茎手術が向いています。この場合も術後のケアが大事ですので、治療後のケア方法や注意点はしっかり確認しておきましょう。ペニス増大サプリは、即効性が得られるわけではありませんが、根気よく続けることで良い結果が期待できます。

体に負担をかけることなく、悩みを解消した人におすすめです。ペニス増大サプリは薬ではありませんので、医療機関に通う必要はなく、通信販売などで入手できます。

ペニス増大サプリは男性の活力を高める

ペニス増大サプリと包茎治療について比較して考える方は少なくないものですが、その両者には大きな違いがありますので整理して考えると良いでしょう。

一般的にペニス増大サプリは、加齢などとともに衰えてしまいがちな男性の活力をサポートするという効果が期待できるとされています。元気をサポートする成分が含まれており、持続力が長くなったり夜の時間を快適に過ごせるようになったりするのがペニス増大サプリの特徴です。年令を重ねてくるにしたがって、大きさに物足りなさを感じている方や、最後まで続けることが難しくなったとお悩みの方に向いています。

包茎治療の修正手術とは方向性が異なり、力強さや持続時間という側面から男性の機能を支える効果を期待できるものがペニス増大サプリです。品質の良いペニス増大サプリを使用することで、自信を取り戻すことができて夜の生活がこれまでの若い頃のように快適となることを期待することができます。

修正手術は衛生面や見た目の改善に効果がある

日本人の多くが包茎の傾向にあると言われており、悩んでいる方も少なくないものです。一般的な包茎治療は、勃起した状態でも剥くことができない真性包茎の方やカントン包茎の方を対象としております。

包茎治療の目的は、陰茎の清潔さを維持することができるようにすることや、見た目上の改善に関して効果的を期待するものとされています。できれば陰茎の状態を改善することが望ましいと考えている方を対象とした手術であり、ペニスそのものの大きさをアップさせるということとは異なりますので注意が必要です。

ペニスが小さくて困っているという方は、まずは包茎治療の修正手術の前に手軽に使用感を確かめられるペニス増大サプリを使用してみることがお勧めです。ペニス増大サプリを使用して大きく張った状態で剥くことができないなどの状況が生じた場合には、包茎治療の修正手術を検討してみると良いでしょう。大きさも包茎も改善することができれば、さらに夜の生活の充実度がアップします。

まとめ

大きさにコンプレックスを感じている方の多くは、男性機能のサポート成分が豊富なペニス増大サプリを使用することによって、自信を取り戻すことができるようになるものです。包茎の問題はまたそれとは別個のものとして考えると良いですが、大きさだけでなく見た目や清潔感などにも影響してきますので、包茎治療を受けることも良いでしょう。

ペニス増大サプリの使用と包茎治療を並行して行っている方もいますので、両方の観点をしっかりとチェックすることがお勧めです。

ペニス増大サプリの次は包茎治療のまとめ

ペニス増大サプリを服用している人は、包茎治療の方法をあらかじめ詳しく知っておけば、次のステップとして役立てることができます。

ペニス増大サプリを服用している人の中には、手術を受ける病院を探している人もいるかもしれませんが、施術の内容を具体的に知っておくことで、術後の状態を頭の中でイメージすることができます。

包茎治療として一般的に行われているのが背面切開術という方法で、比較的軽度な包茎治療に行われています。重度の包茎治療に行われているのが環状切除術で、2本の直コッヘル鉗子で挟みこんだ部分を切除していく方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました