ペニス増大サプリと手術の基礎知識【費用やリスクを比較】
有名増大サプリ5種から本当に効果があるものを見極める!比較で選らんだら巨根化・セックスレス解消に成功

ペニス増大サプリと手術の基礎知識【費用やリスクを比較】

ペニス増大サプリ

男性の悩みでは、男性器が短い・小さいなどがあげられます。それゆえ、女性に積極的になれない、見た目のことでコンプレックスがあるという人も多いのではないでしょうか。

もともとのサイズを大きくすることは難しいというイメージもありますが、努力次第ではよりサイズアップも期待できます。こうした悩みを解消する方法としては、ペニス増大サプリが役立てられていますが、即効性を期待する場合は手術での改善も考えていきたいところです。

ペニス増大サプリにはどんな特徴があるのか、手術をするとなればどんな方法があるのかを書いていきます。ペニス増大サプリの購入や治療での悩み解消に関心のある人は参考にしてください。

サプリメントによる改善

男性器のサイズには個人差がありますが、よりサイズアップしたいと希望する人は少なくありません。サイズアップにはトレーニングなども役立ちますが、手軽に取り入れられる方法としては、ペニス増大サプリの服用があげられます。

ペニスの増大のためには、男性ホルモンがしっかりと分泌されていることや、血行を促進させることが大事ですが、ペニス増大サプリメントには血行改善やホルモン分泌促進に役立つ成分が豊富に含まれています。薬とは違いますので、即効性があるわけではありませんが根気よく続けていくことで良い結果が期待できます。

ペニス増大サプリに配合されている成分では、血流改善に役立つシトルリン、血流改善や成長ホルモン・男性ホルモンの分泌促進に役立つアルギニンなどがあげられます。このほかでは亜鉛やビタミン類、さらにマムシなどの動物性の成分、マカやトンカットアリなどの植物性成分が含まれていることも多くなっています。多くの成分が一度に摂れるのもサプリメントの良いところといえます。

配合されている成分は商品ごとに違いがありますので、購入前には比較しておきましょう。毎日続けることが大事ですので、続けやすい価格帯のものや入手しやすい商品を選んでおきたいところです。

包茎手術で改善できる場合も

ペニス増大サプリの効果には個人差があり、早く実感できる人もあれば、なかなか変化を感じられないという人もいます。できるだけ早く悩みを解消したいのであれば、包茎施術も検討してみたいところです。

包茎手術はその名前の通り、包茎を改善するための治療です。特に性行為には影響がないという人もありますが、症状を放置することは先細りになることにもつながりますし、衛生面でも良いとは言えません。包皮による圧迫を取り除くことは、亀頭をスムーズに成長させるのにも役立ちます。見た目が大きく変わりますので、すぐに結果を得たい人にはぴったりといえるでしょう。

手術は、症状によって最適な方法が選ばれます。真性包茎やカントン包茎の場合は、保険適用の治療が受けられることもありますので、まずは診察を受けて保険適用できる例であるかを確認してもらいましょう。より傷が目立たない、きれいな仕上がりを期待するのであれば美容整形外科などの自由診療による治療も検討したいところです。治療後はアフターケアも大事ですので、正しいケアを続けていきましょう。

症状が改善されてからも、ペニス増大サプリを続ければより高い改善効果が期待できます。

増大術や長径術にも注目

手術は、包茎手術だけではなくペニス増大には他にも様々な治療が用意されています。亀頭部分をよりパワーアップしたいのであれば、増大術も検討してみてはいかがでしょうか。この場合は、注入による治療が多くなっていますので、メスを使うことなく悩みを解消できます。

注入するものは、医療機関により違いがあります。本人から脂肪を吸引してそれを注入するという方法もありますし、コラーゲンやヒアルロン酸などを注入するクリニックもあります。コラーゲンやヒアルロン酸はもともと体内にある成分で、安全性も高く美容医療にも良く利用されています。注入は亀頭部分にのみ行うこともできますし、全体のサイズアップをすることもできます。

このほかで、ペニスを大きくする治療としては長径術もあります。これは男性器の短さに悩む人に選ばれている治療方法で、腹部に埋まっている男性器を体外に引き出すことで、より長さを出すという方法です。長径術もメスを使わずにできる方法もあれば、切開を伴う方法もあります。

デリケートな部分の治療となりますので、いずれの方法を選ぶ場合でも、技術力に優れた医療機関を選ぶことが大切です。治療後のアフターケアも正しく行いましょう。

ペニス増大サプリのリスクとは?

ペニス増大サプリとは、ペニス増大を目的として製造・販売されている健康補助食品です。3か月から半年ほどに渡って飲み続け、体の中から改善しペニスの増大を図ります。

同じくペニス増大がのぞめる手術との比較では、ペニス増大サプリにはほぼリスクがない、ということでしょう。ペニス増大サプリに配合されているのは天然由来の有効成分であり、用法用量を守って摂取していれば体を害するリスクはありません。副作用もほぼありませんので、安全にペニスを増大させる効果を期待できます。

また、毎月平均して1万円ほどと摂取のためにはある程度のお金はかかりますが、それも手術を受けることと比較すると安く済ませられます。ただし、ペニス増大サプリは医薬品ではないために即効性はありませんので、即効性を何よりも求めるという場合には手術には到底かないません。お金がかかってもいいからすぐに目に見える効果が欲しい、という方は手術が適しています。

ペニス増大手術のリスクとは?

ペニス増大のために手術には、体に害のない薬剤を注射したり体に埋もれている部分のペニスを引っ張り出すといった種類があります。

手術そのものは短時間で済み日帰りで手軽に受けられますし、ペニス増大サプリと比べると即効性があります。しかし高額な費用がかかること、そして効果は永久ではないことや失敗するリスクもあることを覚えておかなくてはなりません。

たとえば薬剤を注入する手術では、薬剤が体内に漏れ出て血管を詰まらせ死亡に至った人や、亀頭に薬剤を入れたら血流が阻害されてしまい、細胞が壊死して亀頭の大部分を切り落とさなければならなくなったというケースもあります。メスをいれない手術であっても、リスクはペニス増大サプリに比べるとかなり高くなります。

それでも手術を受けようと考えるのであれば、リスクをしっかりと説明し、熟練の腕を持った医師がいるクリニックを選ぶことが大切です。慎重に検討をすべきです。

まとめ

ペニス増大サプリと手術では、リスクは手術の方がはるかに高くなります。またお金もかかりますが、目に見える効果は手術の方がありますし、施術したその日に効果を実感できるでしょう。

ペニスサイズをアップするのは最終目的としても、安全に増大を図りたいのか、多少危険でも良いからすぐに効果をのぞむのかによって選ぶ方法は違ってきます。いずれにせよ、お金と時間がかかることですので、検討は慎重に行うようにしてくださいね。

ペニス増大サプリの働き

ペニス増大サプリは数多く市販されていますが、主要な成分は大体共通しています。そして具体的なメカニズムとしては、勃起の際に重要となる血流の促進や、全身の成長を促すといったものです。ほとんどのペニス増大サプリに含まれているアルギニンやシトルリンといった成分が、そのような働きを持ちます。

その他にも古くから精力剤として用いられてきた素材が使用されることも多く、意識の有無に関わらずペニスへの働きかけで増大を図っていると考えられます。それに従ってペニスを使用する頻度が高くなれば、増大に繋がる可能性はあります。

ただそんなペニス増大サプリで期待できる効果は、あくまでも食品レベルでのサポートに留まります。素材にアレルギー体質などを持っていない限り気軽に摂取できる反面、医薬品のような劇的な変化をするのは難しいです。もしペニス増大サプリよりも大きな変化をしたいのであれば、手術を受けた方が確実性が高いです。

ペニスを増大できる手術の種類

ペニスに施す手術では、ペニス増大サプリでは確実に不可能な物理的な変化を与えることができます。そしてその種類はいくつかあり、必要に応じて選択する形です。中には複数を組み合わせることができるものもあるので、予算さえ許せば全体を対象にすることも不可能ではないでしょう。

もし亀頭部分を大きくしたいのであれば、ヒアルロン酸を注入するのが定番です。長さを加えたい場合は根元部分に繋がっている陰茎部分を糸で引っ張り出したり、邪魔になっている身体部分の組織を取り除く方法があります。全体を太くする目的だと、内側にシリコンや脂肪を埋め込む手術を選択できます。種類ごとに変化を与えられる部分が違い、同じところでも複数の選択肢が用意されている場合もあります。

さらにこれらの手術は増大している持続時間も異なり、ヒアルロン酸であればやがて身体に吸収されます。そのため止めると効果が薄らぐペニス増大サプリと似ていますが、実際の変化は大きく異なると考えて問題ありません。

まとめ

ペニス増大サプリは体質のサポートによって、長い時間をかけて徐々に変化を促すものです。そのため継続が欠かせず、劇的な増大を感じられない間も続ける忍耐が求められます。それに対して手術では、1日単位で大きな変化が見込めます。

もちろん両者にそれぞれ長所と短所があり、ペニス増大サプリは手軽ですが、手術では費用が高くなりがちです。それらの点を踏まえた上で、自分がどのようなペニス増大の形を求めているのかをしっかりと把握した上で決定しましょう。

手術にかかる大体の費用を把握しよう

ペニスのサイズに関する悩みを抱えている場合はペニス増大サプリだったり、手術だったりなどの方法を試す人が多いです。色々な方法がある中ですぐに始められるのはペニス増大サプリでしょう。気になる商品を購入し、試すだけなので初めてでも難しいことは一切ありません。ただ、ペニス増大サプリの効果を実感できるかどうかは人それぞれ異なりますし、商品によって効き目には個人差があります。

ペニス増大サプリに満足できなければ、手術を次の手段として検討するケースは珍しくないです。手術を利用するなら効果やリスクだけではなく、大体の費用についても事前に理解しておくことが大事です。たとえば、陰茎部分を長くしたり、亀頭のサイズを大きくしたりなどは数十万円かかるでしょう。また、包茎の状態で不要な包皮をカットして亀頭の成長に期待する手術に関しては数万円からの費用ですが、クリニックによって金額は異なるため、比較して決めることが重要です。

慎重に検討したうえで判断しましょう

ペニス増大サプリは数千円から1万円程度の金額で販売されている商品が多いので、数万円から数十万円がかかる手術に比べると費用の負担は大きいです。1回だけの出費で考えるなら手術よりペニス増大サプリの方が安く済むでしょう。

ただ、即効性がある手術に対してペニス増大サプリはいつ効果が出るのか予想するのは難しいです。短期間で実感できる場合もあれば、長期間使用して徐々にサイズアップを図れる場合もあります。

どちらの方法を選ぶにしても、まずは一長一短を理解することが始めましょう。できるだけ1回で全てを終えたいと考えているなら、高くなったとしても手術を選ぶ方がメリットは大きいです。一方で気軽に始めたかったり、手術を避けたかったりする場合はペニス増大サプリが向いています

。ペニス増大サプリを購入する時は価格に加えて含有成分をチェックすることが大切ですし、手術に興味を持っていて疑問や不安に感じていることがある時はクリニックで質問したうえで判断することをおすすめします。

まとめ

ペニスのサイズを大きくしたり、余分な包皮をカットして亀頭の成長を促したりなど手術を受ける場合は大体の費用を把握しましょう。数万円から数十万円程度かかるものの、クリニックによって異なるので比較して決めることが大事です。

また、手術を受ける場合と増大サプリを使用する場合のどちらにも一長一短はあります。ですから、費用だけではなく気軽に始められたり、短期間で効果を実感したかったりなど慎重に検討したうえで決めましょう。

ペニス増大手術で失敗しないためにはクリニック選びが重要

ペニス増大手術は基本的に健康保険適用外なので、100%自己負担です。手術代のほかにも薬代やアフターケア代などがかかることもあります。

費用の相場は、クリニックによって異なるものの20万円~30万円と言われています。手術には「後遺症が残るリスク」「他の病気にかかるリスク」などもあるので、安さ重視では危険です。相場を大きく下回るクリニックには気を付けましょう。逆に、高額なオプションを次々とすすめてきて、トータルで100万円を超えたという体験談もあります。基本料金は安いが高額なオプションをつけて利益をあげようとしているクリニックにも要注意です。追加料金が発生することがないかもしっかりと事前にチェックしておいてください。

ペニス増大サプリに比べるとはるかに高額ですが、このようにリスクもたくさんあります。「ペニス増大サプリよりもはるかに高いお金を払うのだから大丈夫だろう」などと安易に考えてはいけません。クリニック選びに失敗すると後悔することになります。

失敗しないためのクリニックの選び方

ペニス増大サプリを選ぶときは「とりあえず試してみよう」でOKです。一方、平均20万円~30万円かかるペニス増大手術では、何回もやりなおすことができないので、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

クリニックの選び方ですが、口コミや評判が参考になります。最近ではインターネットが普及しているので、口コミや評判は見つかりやすいです。手術の相場は20万円~30万円ですので、これよりもはるかに安い・もしくは高いクリニックは要注意です。切る手術と切らない手術がありますが、後者では特に医師の腕が重要になります。経験豊富で実績がある医師を選びましょう。

こうしてみると結構リスクがあることがわかりますよね。「本当に手術をする必要があるのか」ということを先に考えてみてください。ペニス増大サプリで解決できる程度のものなら、ペニス増大サプリのほうがリスクほぼなし、コストも安いです。ペニス増大サプリをまだ試したことがないという人は、手術のまえに試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ペニス増大手術は健康保険適用外なので、100%自己負担です。安い料金で客を呼び、高額なオプションで稼いでいるクリニックもあるので注意してください。昔に比べるとぼったくられたという体験談は減っていますが、安心はできません。後遺症のリスクなどもあるので、料金だけで選ばず、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

そもそも手術をする必要がないケースもあります。ペニス増大サプリで解決できるなら、そのほうがコストもかからず、リスクも低いです。

ペニス増大サプリと増大手術のまとめ

男性には女性にはない特有の悩みがありますが、男性器のサイズは男性にとって深刻な悩みのひとつです。改善策としては、まずはペニス増大サプリの利用があげられます。増大に役立つ成分が豊富に含まれており、続けていくことで良い結果が期待できるとされています。サプリメントは即効性があるわけではないので、根気よく続けていくことも大事です。

すぐに悩みを解消するのであれば、手術による改善も考えてみてはいかがでしょうか。包茎手術や長径術、増大術など様々な方法が用意されていますので、それぞれの悩みに応じた治療で改善を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました