包茎手術の価格が安すぎるクリニックは避けるべき?

包茎手術の価格はクリニックによって異なります

包茎手術を行っている病院は数多く存在しており、具体的な価格設定も様々なので比較検討が必要です。
一般的な包茎手術の平均的な価格は仮性の場合だと約9.8万円で真性が約18.2万円、カントンが約14.4万円とされています。
いずれの場合も最も安い価格を提示しているクリニックならば、約3万円で包茎手術を受けることが可能です。
包茎手術の費用は仮性と真性、カントンで異なっており健康保険や割引が使えるかどうかでも変わります。
仮性包茎は異常ではないため基本的に健康保険を使って手術を行うことができませんが、真性とカントンは包皮の異常であり健康保険が適用されます。
ただし真性とカントンでも審美性を目的とした手術を行う場合は、健康保険の適用外となるので注意が必要です。
クリニックの中には学割が使えるものもあり、1万円や3割など一定の金額や割合が割引されます。
なるべく出費を抑えたいのであれば安い料金設定のクリニックを選んだり、健康保険や学割を利用して包茎手術を受けるとよいでしょう。

安い価格のクリニックでも安心して包茎手術が受けられます

包茎手術の一般的な相場は仮性は約9.8万円で真性が約18.2万円、カントンが約14.4万円とされています。
最も高いケースだと仮性包茎の手術でも22万円ほどかかり、真性包茎やカントン包茎の手術には28万円ほどかかります。
具体的な料金設定は各クリニックによって異なっているので予算や手術内容、技術力や過去の実績などを比較して選ぶとよいでしょう。
最も安い料金を設定しているクリニックの場合、いずれのタイプの包茎も約3万円で手術を行うことが可能です。
一般的な相場と比較して価格が安いクリニックだったとしても、技術力などに問題があるわけではありません。
包茎手術を行っている多くのクリニックでは宣伝広告に多額の予算を投じているため、手術の価格も高くなってしまいます。
安すぎると思われるクリニックは、宣伝広告にあまり予算を使っていないので価格を抑えることができます。
価格が安いと不安を感じるかもしれませんが、確かな技術力と豊富な実績を備えたクリニックならば安心です。

まとめ

包茎には仮性と真性、カントンの3種類があり手術の費用はクリニックや手術内容によって異なります。
一般的な価格の平均は仮性が約9.8万円で真性が約18.2万円、カントンが約14.4万円です。
クリニックの中には包茎のタイプに関わらず約3万円で手術が受けられるものも存在します。
一般的な相場よりも安い価格を設定しているクリニックは宣伝広告にあまり予算を使っていません。
安すぎると思われる場合でも、確かな技術力と豊富な実績のあるクリニックならば安心して包茎手術を受けられます。

コメントを残す