手術前に知っておきたい!包茎手術の価格の違いを徹底解説

医療機関ごとに包茎手術の価格は大幅に違います。
なぜ違うのか、どれくらい差があるのかを理解してから治療をすることは、安心して治療を受けるために必要です。
あらかじめ違いを理解してから治療を受けることが、満足できる結果につながります。

具体的に医療機関や保険仕様などによる違いを紹介するとともに、包茎手術で行われる手法ごとの違いをも理解しておくことは重要です。
医療機関や症例で治療方法を変えることで結果として金額も異なることになるため、理解して納得できる治療を行う医療機関を受診することが必要となるでしょう。

一般的な泌尿器科で治療した場合の費用は?

医療機関の中で最も低価格に治療ができるのは、泌尿器科です。
泌尿器科の中でも大きな病院の泌尿器科と、町医者と呼ばれる個人経営の泌尿器科の場合では多少費用が異なるため、事前に確認することが必要となります。
また、泌尿器科の場合、一部では入院しなければ治療を受けられないこと、また、一部の包茎手術のみが保険適用となることなどから、治療する人はそれほど多くありません。

一部の包茎といわれているのは、真性・カントン包茎です。
どちらも放置しておくと感染症や亀頭壊死と呼ばれる病気になる可能性が高いため、医学的な治療と認められて、保険適用されています。
しかし、仮性包茎は病気ではないと認識され、保険で治療をすることができません。

大きな医療機関で専門医に治療をしてもらった場合の保険適用された費用は、手術費1万円前後、入院費を含めてトータルで6万円から9万円前後とされています。
なお、個人経営の泌尿器科の場合、保険適用されなくても仮性包茎の治療も行いますが、平均的に10万円から20万円です。
入院する必要はありません医学的な治療は完ぺきといえる泌尿器科ですが、美容面での仕上がりに問題があると感じる人も多いといいます。

美容整形での治療した場合の費用は?

美容面にこだわった治療ができるのがメリットとなる美容整形での治療は、保険適用されないため、費用がかかるのが残念な部分です。
切る方法・切らない方法と別れており、切らない方法は割安な治療が可能となります。
ただし、再発する恐れがあることを理解して治療することが望ましいです。

切らない方法となるのは糸や接着剤を使うこと、亀頭へのヒアルロン酸などの注入、長茎術となります。
糸や接着剤を使った治療の場合、安い所では2万円台から治療をすることが可能です。
亀頭へのヒアルロン酸などの注入は10万円から20万円前後となります。
長茎術の場合は30万円台から300万円前後となるため、注意が必要です。
費用は医療機関ごとに大幅に異なるため、事前に確認をしてから治療をすることが望ましいです。

切る治療の場合、着る方法によって10万円から30万円前後となることが少なくありません。
ただし、包茎の状態によっては価格に大きな差があることは事実です。
真性包茎やカントン包茎の場合は、治療をしながら美容面でのケアをも行わなければならないため、必然的に費用が高額となります。
そのため、20万円から50万円前後と考えたほうがいいでしょう。

包茎専門クリニックでの費用は?

広告を多く見かけることがある人も少なくない包茎治療を専門に行っているクリニックの場合は、包茎の種類にかかわらず、費用は一律となっているところが多いです。
基本的に包茎手術を行うときに美容面や安全性などを含めてトータルで費用を計算することが多いといわれています。
特にプロの泌尿器科を専門に治療していた医師が在籍している医療機関であれば、技術面では申し分ありません。
また、治療の方法を選択することでより多くのメリットを実感できる可能性が高いといいます。
切らない治療よりも切った治療のほうが再発する可能性は非常に低いため、専門クリニックでは比較的切る治療をしていることが多いです。

費用に関しては25万円から30万円前後と、真性・カントン包茎だと多少高額となる医療機関よりも安心して受診することができます。
医療機関の中には、包茎手術のみならず、長茎術や亀頭増大手術を併用して行うことを進める医療機関も少なくありませんが、包茎専門クリニックの場合、進めることはないです。
包茎治療において必要となる場合のみ、長茎術を進めることがあるといいます。
そのため、費用もそれほど高額とならず、見た目も漢族できる治療が可能となります。

まとめ

包茎手術の価格は医療機関だけではなく、手術方法によって大きく異なります。
包茎治療を検討しているなら、包茎手術の種類、主な価格、医療機関の評判や手術をした患者の数などを含めてトータルで医療機関選びをするといいでしょう。
医療機関の中には口コミであまり評判のよくないところもあるため、事前に確認をしてから受診をすることが満足できる結果につながります。
安心して治療することができるためには正確な情報を把握し、納得したうえで治療を受けるために受診することが必要です。
切るか・切らないかなどをも選択肢にして探すことが必要です。